ONLINE STORE
トップ > ブランド > あなたの理想のウェディングスタイルは?

Journalブログ

あなたの理想のウェディングスタイルは?

Jan.15.2020

Houghton

2010年、ニューヨークのラグジュアリーブランド、Reem Acra(リーム・アクラ)の”あるデザイン”のドレスをshopbopで見つけて以来、そのドレスがずっと私の理想のウェディングドレスでした。2011年10月、旅行中にニューヨークの5番街の教会で偶然見かけた花嫁様が着ていたドレスは、まさに私がずっと憧れていたReem Acraのドレス。オンライン上でしか見た事がなかったそのドレスを完璧なサイズ感で着ていた本物の花嫁さまの姿を道路の反対側から見た時は、すぐに道路を渡って早歩きで近寄っていったのを覚えています。レッドカーペッドやアメリカの人気シリーズGossip Girl(ゴシップ・ガール)の中でもそのドレスは登場し、数々のウェディングドレスを見てきた未だなおも大好きなデザインの一つです。

Reem Acraのウェディングドレスを着ている花嫁様

 

もともとシンプルなドレスが好みでしたが、そのシンプル好きはさらに加速し余計なものを全てそぎ落とした本当にソリッドなデザインが好きになりました。2015年、アンダーウェアー「TEN」のデザイナーDaphne Javitch(デファニー・ダヴィッチ)のウェディングの様子を見た時は「私の理想はまさにこれだ!!!」と思いました。

 

Link : Garance Dore

 

彼女のドレスは友人の手作りによるもの。バイアスに裁断された1枚の生地で作られたそのドレスは、彼女の身体のシルエットに完璧に合わせる為、10回ものフィッティングを重ねたそう。余計なものを全てそぎ落とし、髪型はまさかの白いゴムで束ねただけの最高にシンプルなブライズスタイル。メイクは恐らく普段通り。ここまで自然体で結婚式を迎えている花嫁様をこれまで見た事がなかったので、彼女のウェディングの様子を雑誌やフランス人フォトグラファーGarance Dore(ギャランス・ドレ)のウェブサイトで見た時には衝撃を受けたと共に、こんなにシンプルに自然体でいいんだって気づきました。

 

もう5年くらい前に担当したお客様がお式後におっしゃっていた一言が今でも忘れられずにいます。

 

「結婚式の最中、少し離れたところから客観的に会場を見渡すと、そこには自分と彼の大好きな人達だけが集まっていて、こんな事って今日というこの日か、あとは自分のお葬式の時しかないんだろうなって思ったんですよね。そう思うと、今のこの時間を心から楽しもうと思ったし、ゲストにも楽しんでもらいたいと思ったし、みんなで盛大に共有したいと思ったし、本当に幸せすぎる1日だなって改めて思ったんです。」

 

”結婚式をやる意味”という事を改めて考えさせられた言葉でいまでもずっと覚えています。

 

最近では「自分らしく」というワードを大切にしている花嫁様も増えてきたと思います。「自分らしく」って色々と捉え方があると思いますが、その時、「ありのままの私」「きどらない自然体な自分」というワードが自分にはピンときました。2人でパーティーを企画し、いつもと変わらず、大切な家族や友人達に楽しんでもらう。友人同士にも会ってもらいたいし、紹介したいし、輪が広がっていけばさらに幸せ。そんなパーティーをいつか自分ができればなと、かれこれずっと思っていますが、先日友人のウェディングドレスの相談に乗っていた時に、ふとDaphne(ダフネ)のウェディングの事を思い出しました。

 

Houghton Bride(ホートンブライド)

ホートンブライド(Hoghton Bride)のウェディングドレスはおしゃれな花嫁様に人気。Mauzacという名前のBoho WeedingやBeach weddingやガーデンウェディングなどにぴったりの1着。

Dress 816-00005 / レンタル価格 100,000円+税

 

HAUTE rent to runwayの中で私がおススメなのは、ホートンのMauzac(モザック)というドレス。細い肩紐からストンと落ちるシンプルでルースなシルエット。繊細に織られたシャンテリーレースと丁寧に刺繍が施された少し厚手のチュールを交互に縫い合わせた生地がスカート部分にふんだんに使われているので、歩いた時のスカートの拡がり方がとても優雅でロマンティックなのです。それでいて堅苦しくなく抜け感があり、ガーデンパーティーやカジュアルなパーティーにはぴったり。アクセサリーも華奢なものを1つ合わせるくらいで胸元もできる限りフラットに見せる方がオシャレ感が出ます。秋冬シーズンのパーティーでしたら夜はざっくりのプルオーバーを合わせるのもおススメです。と、妄想は膨らみますね。

 

これから結婚式を迎える花嫁さま。さて、あなたならどんなパーティーにしたいですか?

Written by Mayuri

 

 

ホワイトドレスの商品一覧を見る

 

Rent the runway and feel self-confidence.

Follow us on

We’re on Instagram

# haute_renttorunway