ONLINE STORE
トップ > ブランド > ドレスのサブスクでモノを持たずに賢くおしゃれを楽しむ時代 

Journalブログ

ドレスのサブスクでモノを持たずに賢くおしゃれを楽しむ時代 

Jan.20.2021

情報 (HOT TOPIC)

ドレスのサブスクで物を持たずに賢くおしゃれを楽しむ時代

最近では”サブスク”という言葉もよく耳にするようになり、身近なものだと音楽や動画などのサービスを利用している方が多いかと思います。今ではオケージョンドレスやデイリーなお洋服などのファッションのサブスクもあり、憧れていたブランドのドレスをサブスクで気軽におしゃれを楽しめる時代になってきました。

ドレスのサブスクには黒い小花柄のML Monique Lhuillier(エムエル モニーク ルイリエ) のレンタルドレス

ドレスのサブスクとは?

そもそもサブスクって言葉は耳にしますが、ドレスのサブスクについて詳しく知らない、もしくはどんな時に利用したら良いのか分からないという方もいらっしゃると思います。まず、サブスクとは、サブスクリプションの略の事で利用者が毎月または毎年の定期料金を支払うことで商品やサービスを提供するビジネスの事を言います。ドレスのサブスクはお店によってサービスが異なりますが、月に制限なく何着でもレンタルできるお店や、自分に合うドレスやお洋服をスタイリストが選んで月に1回定期的に送られてくるサービスが多いです。

 

ドレスのサブスクにおすすめのKatie Ermilio(ケイティ・エミリオ)のベアのシルクのロングドレス

特にお仕事などで頻繁にドレスを購入しなければいけない場合や、結婚式やパーティーの度にドレスを購入している場合は、保管する場所に困ってしまう事も。特にシーンが限られているオケージョンドレスは着る機会がないとクローゼットの中に閉まったままの状態になるので、利用したいとき時に気軽に借りれるドレスやお洋服のサブスクは年々利用する方が増えてきています。また、衣類のサブスクを利用すると自然と「不要なものを所有する」という事もなくなるので、エシカル消費にも繋がってきます。

ドレスのサブスクにはML Monique Lhuiilier(エムエル・モニーク・ルイリエ)の黄色と水色の花の刺繍がされたレンタルドレス

ドレスのサブスクのメリットとは?

ドレスのサブスクはどんなメリットがあるのかというと、結婚式やパーティー、普段のお仕事でもドレスやワンピースを着用する機会が多い場合は、購入する価格より安い価格で利用することができます。使用後はクリーニング不要でそのままの状態で返却できるお店も多いので、クリーニング代金なども考えるとサブスクをする方が全体的な費用も抑えることができます。また、自分で購入する事もできるけど、金額や使用頻度を考えたときに購入するのを迷ってしまうような高価なドレスをサブスクサービスを利用して気軽に着用できるのもメリットだといえます。

 

ドレスのサブスクには黒いドットのチュールのトップスと黒いティアードのロングスカート

ドレスのサブスクのデメリットとは?

どんなサービスでも良い事だけではありません。ドレスのサブスクリのデメリットとは、結婚式やパーティーなどが定期的に無い場合は、月額料金または年間料金の金額のが高くなってしまいます。また、サブスクサービスを通して利用できるドレスやワンピースの商品は基本的には中古品です。商品の状態は新品の状態と異なる為、商品の状態を気にされる方にはあまりおすすめはできません。サブスクの場合は気に入った商品があったとしてもずっと手元に置くことは出来ない事が多いので(買取可能な場合もあります)、所有したい場合や永遠に手元に残しておきたいと思うような特別なドレスやワンピースはサブスクするのではなく購入するという選択肢が良いかもしれません。

 

ドレスのサブスクには花模様のレースのML Monique Lhuillier(エムエル モニーク ルイリエ) のロングドレス

サブスクでおしゃれを楽しむ方法

私は毎月1度必ずすると決めているマイルールがあります。それはおしゃれなお店やラグジュアリーホテルでディナーをする日をつくり、その日はドレスアップをしてお出かけすること。今は不要不急の外出を控えているので、なかなかドレスアップをしてお出かけする事が難しいですが、記念日や誕生日ではなくても月に1度、おしゃれな場所でドレスアップをするマイルールは、私にとってはいつもの日常では味わえない非現実的で素敵な体験になっています。

 

ドレスのサブスクにはピングカラーの鶏の柄がプリントされたMonique Lhuillier(モニーク・ルイリエ)のドレスがおすすめ

毎回、お店を決めてから自分のクローゼットにあるドレスを見て、どのドレスを着ていくのか選んでいますが、お店の雰囲気やその時の気分によっては自分が持っているドレスじゃないと思うこともあります。そんな時にサブスクを利用していると気分やお店の雰囲気によってドレスを気軽にレンタル出来るので、おしゃれをすることがもっと楽しい時間になると思いました。サブスクだからこそ気軽に出来ることではあるので、サブスクを賢く利用しておしゃれをする機会を増やしてみてもいいかもしれません。

ドレスのサブスクにはジャガードの小花模様のML Monique Lhuillier(エムエル・モニーク・ルイリエ)のドレスがおすすめ

ドレスのサブスクでモノを持たずに賢くおしゃれを楽しむ時代 

ミニマリストというワードを聞いた事があるという方も多いと思いますが、本当に必要なモノのみを所有するミニマリスト化が少しずつ拡がっています。私がモノを所有したいと思う時は「このブランドでなければだめ」「この商品をずっと持っていたい」などの感情がある時です。サブスクやレンタルなどのサービスで、モノを所有するのではなく「体験」を商品とする企業やブランドが増えてきたので、今ではモノを所有するより”体験する価値”の方がニーズが高まってきています。

 

黒のオフショルダーのトップスとギンガムチェックのスカートがドレスのサブスクにおすすめ

他の国に比べると日本はまだまだ意識することが遅れているので、日本でもレンタルやサブスクを活用して洋服やドレスを所有しないという文化が拡がっていけばいいなと思った時に、私たちならおしゃれなドレスやワンピースのサブスクサービスを実現する事が出来るかもしれないと思いました。いつかモノを所有しないことが当たり前になる日が来るように今から出来ることを少しずつ進めています。いつか皆様にお披露目できる日が来たときはBLOGやSNSなどで発信いたしますので、是非楽しみにお待ちください。

Rent the runway and feel self-confidence.

Follow us on

We’re on Instagram

# haute_renttorunway