ONLINE STORE
トップ > ブランド > パーティードレスにかける費用の相場はどれくらい?

Journalブログ

パーティードレスにかける費用の相場はどれくらい?

Jul.02.2020

情報

パーティードレスの相場はどのくらい?

パーティードレスを購入する際の費用の相場とは、ドレス1着当たり30,000円ほどと言われています。高額なドレスを購入される方もいらっしゃると思いますが、パーティードレスの費用の相場は平均的に30,000円程かけている方が一番多いようです。最近日本でも増えてきたパーティードレスのレンタルサービスを利用する場合、レンタル金額はお店のレンタルシステムにより異なりますが、国内ブランドのドレスの場合は1着当たり3,000~5,000円、インポートドレスの場合は1着当たり10,000円以上がレンタル価格の相場です。国内ブランドのドレスと比べるとインポートドレスのレンタル金額の方が少し高めですが、それは素材やディテール、デザイン、そして商品ができるまてでの工程も全く違うので、販売価格もはるかに高価というのが一番の理由です。

黒いオフショルダートップスと立体的なスカート 赤と緑の立体的なベアのパーティードレス

HAUTE rent to runwayではインポートブランドのレンタルドレスを揃えており、ブランドやデザインによってレンタル価格が異なりますが、基本2泊3日で1着5,000円~15,000円の価格帯を中心としています。取り扱うブランドは日本での知名度は低いですが、海外ではとても有名なブランドばかりで、ファッションウィークの期間にニューヨークやパリでたくさんのショールームを訪れ買い付けをしています。デザイナーや担当の方にコレクションのテーマなどを伺い、また日本市場でのトレンドの話をしたりしながら買い付けるアイテムを決めています。

 

HAUTE rent to runwayでは、これらのアイテムを店舗やオンラインストアで購入する1/10の価格でレンタルできるので、素敵なパーティードレスを購入するよりも費用がおさえられ、自分では購入する事が難しい上質なドレスをお召しいただく事ができます。

 

ネイビーのぺプラムのパーティードレス

パーティードレスを購入するメリットとデメリットは?

購入したパーティードレスを何度も着たいと思う方や新品のドレスを着たいと思う方にはドレスをレンタルするのではなく購入する方がおすすめです。レンタルサービスを利用した場合、ご利用日の前日か2日前に商品が届く事が多いので、ドレスのサイズ感など不安な方には、よく利用する店舗やブランドのドレスを購入するほうが安心感がありますね。

 

きちんとお手入れをすれば、購入したドレスを何年も着ることが出来ますが、デメリットとしてはお手入れの費用が意外とかかる事やドレスの保管場所を確保しなくてはいけないので、実は最適な状態で保管するのが難しかったり。それでもドレスを手元に残しておきたいと思う方には購入する事がおすすめです。

ピンクや水色などの鮮やかな刺繍がされたパーティードレス

パーティードレスをレンタルするメリットとデメリットは?

「結婚式に毎月お呼ばれしている」なんていうお話をたまに聞く事がありますが、結婚式が重なる年を経験した事がある方が多いのではないでしょうか。それも20代、30代に一度ずつ。「せっかくだし、ずっと着るし」と意気込んで購入したドレス、ある日気が付いたら「あれ?このドレス数回しか着てない」とクローゼットの奥で眠っているなんて事ありませんか。その時によって気分も変わったり、毎回1着のドレスを着て行くのも飽きてしまったり、メンバーが同じ場合は同じドレスは控えたいと思う女性が多いと思います。

 

結婚式やパーティーが行われる季節や会場に合わせてドレスを変えてみたり、自分で購入する事が出来ないドレスや一度チャレンジしてみたかったと思うデザインのドレスを着ることが出来るのもレンタルだからこそのメリット。結婚式やパーティーが多い方にはドレスの費用を抑えることが出来るのでなおさらオススメです。

 

デメリットとしてはレンタル商品なので新品ではなく中古品です。クリーニングはもちろんされていますが、新品のドレスしか着たくない!という方にはあまりおすすめではありません。

ブルーのファーバッグ ゴールドのかごバッグなどパーティードレスに合わせるおしゃれなバッグお呼ばれされた時にかかる費用は?

お呼ばれされた時のコーディネートにかける費用は、パーティードレス以外にもアクセサリーやバッグ、シューズなども全て揃えた場合、50,000~60,000円ぐらいかかることもありますよね。手持ちのアクセサリーやシューズを合わせる場合は、少し費用も抑えることはできますが、ドレスに合わせて新調したいと思うこともありませんか。

 

パーティードレスに合わせるバッグやアクセサリーは普段使わないという方や、手持ちのドレスを着て行きたいけど少しイメージを変えてみたいと思うときには、アクセサリーやバッグだけをレンタルするのもおすすめです。購入するより費用を押さえることも出来ますし、大切に着ているドレスの雰囲気を変えて何度も着る事が出来ます。

べっ甲のクラッチバッグと膝上丈のミニドレス

パーティードレスのメンテナンスにかかる費用は?

ドレスを綺麗な状態に保つためにはクリーニングや適切な保管が必要です。自宅でお洗濯できないパーティードレスをクリーニングに出すと、街角のクリーニング店でも平均2,000円程のクリーニング費用がかかります。シワが付かないように吊るして保管をしたり、防虫剤を使用して虫食いを防ぐことも必要になるので、意外と手間と費用がかかるのです。年に3回結婚式がある場合はクリーニング料金だけで6,000円もかかってしまうので、レンタルする方が手間もかからず費用もおさえることが出来ます。

 

パーティードレスを購入する場合とレンタルする場合でのメリット、デメリットはそれぞれです。一番合う方法もその時々によって変わると思いますので、皆さまもご自身に合った方法を選んでみてください。

 

 

レンタルの商品一覧を見る

 

Rent the runway and feel self-confidence.

Follow us on

We’re on Instagram

# haute_renttorunway